「あなたのAmazonアカウントはセキュリティ上の理由で中断されました」は迷惑メール

スポンサーリンク
備忘録
この記事は約4分で読めます。

数ヶ月前から今現在はもう使用していないメールアドレス(Yahooメール)にAmazonからこんなメールが届いていました……

詐欺メールの画像01
詐欺メールの画像02

以前に使用していたときはフィルターを設定していたので、Amazonで買い物すると「amazon.co.jp」のアドレスから来たメールは「amazon」と名前を付けたフォルダにフィリ分けられるのですが、このフォルダに上の画像のようなメールが来ていたので最初はびっくりしました。

最近の迷惑メールやフィッシングメールというのは中々に手が込んでいるようで、ぱっと見ただけだと結構騙されちゃいそうな仕掛けがしています。

今回の「あなたのAmazonアカウントはセキュリティ上の理由で中断されました」というフィッシングメールも普通のスパムメールや迷惑メールとは違い

  1. 迷惑メールフィルターにかからないことが多い
  2. amazon.co.jp でフィルターを設定していると、そこに振り分けられる

という点から心配になって検索する方が多くいらっしゃるようです。僕の場合はもう使用していないメールアドレスだったのですぐに怪しいと分かりましたが、普段から使用しているアドレスに「amazon.co.jp」からメールが来たとなると、かなりびっくりするでしょうね……

とりあえず最初の画像のようなメールは無視して削除して大丈夫なのですが、今後もあの手この手で送ってくるでしょうから、怪しいメールが来たときの対処法をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

少しでも「あれ?」と思うメールが来たときの対処法

  1. 絶対にメールに添付されているアドレスや画像をクリックしない
  2. 落ち着いてメールの文章をよく読む
  3. メールタイトルなどをGoogleなどで検索してみる
  4. 普段の手順でAmazonにアクセスしメッセージセンターを確認する

とりあえず重要なのは1番だけなのですが、一つ一つ解説していきます。

絶対にメールの中にあるものをクリックしない

これが最重要です、というか迷惑メールやフィッシングメールの対策としては現状これが最強の対処法ですねw

もしクリックしてしまっても、その先のサイトでアカウントやクレジットカードの情報を入力しなければ致命的な自体にはならないと思いますが、基本的にはクリックしない!これが鉄則です。

どうしても気になる場合は4番の方法で確実に本物のAmazonにアクセスし、そこから確認してください。

メールの文章をよく読んでみると色々とおかしな点がある

最初の画像の文章をよく読んでいただければ分かると思いますが、所々日本語がおかしい部分があったり、文字がおかしい部分があります。

Amazon のような超巨大な一流企業はこんなめちゃくちゃなメールを送ってきませんw

誤字脱字はもちろん、日本語としての体裁もおかしなメールは送ってこないので、普通に読んで「あれ?」と思うような文章や誤字脱字があるのであれば、基本的には迷惑・フィッシングメールだと思っていいでしょう。

ただこの対処法に関しては、今後翻訳ソフトなどの進化によって改善していくはずなので、文章だけで判断するのは危険になってくると思います。

メールタイトルなどで検索すると色々と情報が出回っている

世の中には悪い人間もいれば、良い人もたくさんいるので、恐らくこういった迷惑・フィッシングメールの内容はすぐさま出回って、検索すると注意喚起をしているサイトや記事が出てくるはずです。

検索結果に「詐欺」とか「注意」みたいな文言がたくさんあったらビンゴですねw

お気に入りや検索結果からAmazonにアクセスして確認する

いつも使っている、つまり確実に本物の Amazon にアクセスできるところからにアクセスして、アカウントサービスからメッセージセンターを確認してみてください。

Amazonメッセージセンターにアクセス01
Amazonメッセージセンターにアクセス02

このメッセージセンターにはAmazonからの注文確認や発送メールが全てあるので、ここを見てアカウント停止やカード期限云々というメールがなければ、メールフォルダに来ているものは迷惑・フィッシングメールということになります。

君子危うきに近寄らず!怪しいと思ったら基本は無視!

今回は Amazon を騙った迷惑・フィッシングメールについて書いていますが、紹介した対処法に関してはどのサービスを騙ったものでも基本的には同じです。

こういう悪いことをするやつらはどんどん巧妙にこちらを驚かせたり焦らせるように仕向けてきますが、どんな内容でもまずは疑うくらいの気概が今のネット社会には必要なのかもしれませんw

スポンサーリンク
スポンサーリンク
備忘録
FickleBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました