iPhoneのデータをWindowsにコピーする際「システムに接続されたデバイスが機能していません」と出てしまう場合の対処法

スポンサーリンク
備忘録

最近 iPhone8plus で動画撮影をしてそれをPC(Windows10)で編集する機会がありました。そんな時に普段の軽い写真や動画であればウェブクラウドにアップロードしてPCでそれをダウンロードするのですが、2GBを超えるデータだとそれをするのも面倒だなと思い、直接iPhoneからPCにコピーしようとしました。

しかし動画データをコピーし、しばらくすると

「システムに接続されたデバイスが機能していません」

と表示され全くコピーできない状態になってしまいました。何度接続しなおしても同じように、少しコピーが進んだかな?というタイミングで上記のような表示がでてコピーできません…

色々と調べて試してみると、僕の環境では恐らくこれが原因だろうということがわかってきたので、ここでシェアしておこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

原因はUSBポート

僕のPC環境では、USBハブを経由するとコピーに失敗するようでした。

USBメモリや iPhone 以外の USB2.0 でデータをやりとりするデバイス(レコーダー等)はUSBハブ経由でも問題なく転送できるのですが、iPhone だとダメみたいです…

電源付きのUSBハブでもダメ

ちなみにUSBハブだと外付けHDDやメモリを使おうとして電力供給が安定しないから、データ転送はできないということがよくあります。

ボイスレコーダーやミュージックプレイヤーなどでも充電はできるけど、データの転送が不安定になるということはUSBハブを使うと結構起こります。

ただ僕が普段使っているUSBハブは電源をACアダプターから取っているものなので、iPhone(Lightning接続の場合?)だと電力が安定していたとしてもあまり関係ないようです。

PC本体のUSBポートでも不安定な場合も

僕のPCの場合、全面に付いているUSBポートだと、最初に書いたようなデータをコピーしだしてすぐに「システムに接続されたデバイスが機能していません」が出てしまうことはなくなりました。

しかしコピーするデータが2GB×2つ以上だと、1つ目は問題なくコピーできましたが、2つ目のデータが途中で「システムに接続されたデバイスが機能していません」が出てしまいました…

ただこれはもしかしたらタイミングやデータの大きさの問題だったのかもしれないので、PC本体のUSBポートであれば問題ないという人も多いかもしれません。

USB3.0 のポートは不安定になる?

PC本体全面に付いているUSBポートでも、最近だと2.0と3.0のポートが混在していると思いますが、僕の感覚ではなぜか 2.0 のポートの方が安定していたように思います。

これは僕のスマホである iPhone8plus の Lightning ポートは USB2.0 相当の通信速度らしいので、そのせいかもしれません。

ちなみに2017年に発売されたiPad Pro などは USB3.0 に対応されているらしいので、PCに接続する際は3.0のポートでも安定して動作するかもしれません。

iPhoneのデータ転送はPC本体裏側のUSBハブが安定

僕の場合は

PC本体裏側のマザーボードに直接付いているUSBポート(2.0)

を使用すると安定して大きな動画・写真のデータもPCに転送することができました。

他にもエラーが出てしまう原因は色々あると思いますが、僕の場合はこんな単純なことでした…w

今回書いたこと以外の対処方法は下記のブログにきれいにまとまっているので、僕の対処法では改善しなかった場合はそちらを確認してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
備忘録
FickleBlog

コメント